WEBクリエイターは注目されています!

注目のニュービジネス!ホームページ制作の
プロフェッショナル!

 

インターネット上に独自のホームページを開く企業が
どんどん増えています。

 

WEBクリエイターは、そうしたホームページを作成する
専門家です。

 

時代の最先端をいくクリエイティブな仕事として今とても人気のある資格です。

 

WEBクリエイターはどんな仕事なの?

 

ホームページクリエイターと呼ばれる事もある「WEBクリエイター」とは、その名の通り、
インターネットのホームページを作成する専門家。

 

主に企業や自治体、団体などが自ら宣伝、PRなどのために開設するホームページを
手掛けます。

 

WEBクリエイターの具体的な仕事の内容は、文書作成、編集、画面デザイン、画像や
サウンドの作成、データのアップロードなどを行います。

 

クライアントのイメージを正確に把握し、綿密な打ち合わせを重ねて、いかにセンスの良い
ホームページを作成するかがプロとしての腕の見せ所といえるでしょう。

 

資格がなくても仕事はできますが「WEBデザイナー検定」などの資格取得で理論に
裏づけられた知識を持つことで、クライアントの信頼も得られ、仕事の幅もグンと広がります。

 

WEBクリエイターの活躍の場は?

 

WEBクリエイターの主な就職先、活躍の場は、デザイン会社、制作プロダクション、企画会社、
広告代理店などです。

 

キャリアを積んだ後に独立し、デザイン会社などから下請けとして仕事を受けたり、クライアント
から直接仕事を請け負って、フリーの立場で活躍している人が多いようです。

 

パソコンなどの周辺機器が整えば在宅ワークも十分可能で、ホームオフィスの花形職種とも
言われています。

 

育児や家事と両立できる事も、女性にとっては大きな魅力といえます。

 

ホームページを開く企業や団体は急激に増えており、WEBクリエイターのニーズも確実に
高まっているので、将来的にも有望な職業です。

 

WEBクリエイターはこんな人に向いている!

 

ホームページをより多くの人に見てもらえるように作成するには、デザイン力、独創性、
企画力などが求められます。

 

パソコンの知識やweb制作の技術はもちろん、アートや映画など、様々なものにも
好奇心旺盛で、豊かな感性をもった人に向いている仕事です。

 

また、ホームページはその企業や団体などのイメージを決定づける重要なものなので、
クライアントの希望を的確に把握することが何よりも重要です!

 

お互いの信頼関係があって7、はじめてよい作品が生まれるわけですから、折衝能力
コミュニケーション能力にたけている事も大切な資質といえます。

 

プロとしてホームページを作るには

 

最近では簡単にホームページを作成できるソフトや素材などが出回り、自己表現の
手段として自分でホームページ作りを楽しむ人が増えています。

 

確かに高度なテクニックがなくても作成は可能ですが、プロとして仕事をしていくためには、
HTMLJaveといった基本的な言語を理解して使いこなす能力や、通信、コンピュータ
グラフィックスについての専門知識が必要です。

 

特に初心者の場合は、スクールや養成講座に通って基礎知識をきちんと身につけて
おく事がプロへの近道と言えるでしょう。